日本のお笑い動画をまとめました。誰にでも使いやすくをモットーに、日本全国に笑いを届けます!

お笑い動画まとめ

カンニング

カンニング ネタ動画1 竹山と中島のもう見ることができないキレ芸漫才

投稿日:

もしかすると、最近の若い子はカンニング竹山のことは知っていても、カンニングがコンビだった時代を知らないのかも?

カンニングは、元々コンビの芸人でした。
「笑いの金メダル」や「エンタの神様」でたびたび波乱を起こしていた、問題児扱いの芸人でした。

今でこそ常識人ポジションのカンニング竹山ですが、当時は酷かったですよ。
現場でパンツを脱いだり、自分の電話番号を公表したり、テレビのセットを破壊したり・・・。

そんな竹山がキレまくるのを、相方の中島がなだめるというのがカンニングの芸風、持ち味でした。

しかし、竹山の相方であった中島が、2006年12月に白血病に由来する肺炎で死亡。

それを境に、竹山はキレ芸をしなくなっていきます。
それどころか、芸能界の御意見番、良識人というポジションを獲得していきます。

おそらく、相方の中島の死後もキレ芸を続けることに抵抗があったか、
あるいは、若くして亡くなった相方のためにも、カンニングの名を長く記憶してもらえるようにと、今のような良識人のポジションの獲得を目指したのではないでしょうか。

竹山は相方が亡くなり、事実上ピン芸人となった今も、カンニング竹山として相方を意識した芸名を貫いています。

そんなカンニングがコンビとして活躍していたころのネタ映像がこちら。↓


ネタの途中、全然ウケないと知るや否や、ネタを放棄してキレ始めます。
今のカンニング竹山の姿からはあまり想像できない姿ですね。

カンニングが注目され始めたころのネタ。
ずっとカンニング竹山がキレ続けています。

相方の中島が白血病で入院して、一人で活動するようになった頃の竹山。
お笑いという体ではありますが、本気で相方を心配し、復帰を待ち望んでいることが分かります。

相方は一時退院するもすぐに病状が悪化し、再入院してしまいました。
カンニング中島は入院でテレビから姿を消した以降、一度も表舞台に立つことはありませんでした。
竹山は定期的にお見舞いなどもしていたでしょうから、どんどん衰弱していく相方の姿を知ったうえでのネタだったのでしょう。

竹山が当時どんな思いでネタをやっていたか、どんな思いでカンニングの名前を使い続けているのか。
少しでも、多くの人たちに知ってほしいと思います。

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

-カンニング
-, , , , ,

Copyright© お笑い動画まとめ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.